いわき市の賃貸

二世帯住宅の特徴

二世帯住宅というと、親夫婦と子ども夫婦が同じ建物に住むために立て替えたりする家なのですが、最近では娘夫婦と共に暮らす親も多いようです。

住宅の形式としては、1階部分と2階部分の入り口が別であり、1階には親夫婦が暮らし、外階段の2階から子ども夫婦が暮らすといった建物の構造になっていたりします。

1階部分には足腰の弱くなった親が階段を使わなくてもいいようにしていて、2階には子どもとその孫が暮らし、毎日顔を見ることができるので、お互いに安心なのです。

また、近頃は女性のフルタイムで働いていることが多いので、孫を祖父母が見てくれたりするので、とても良い傾向でもあるのです。

建物のローンを親と子で分担したりすることで、賃貸で家賃を払うよりも経済的に助かったりすることもあるのです。

いわき市のような地方都市でも親の介護や看護の問題は深刻で、長男が責任をもって親の面倒を見るためにこのような形態の住宅を建てる人も多いのです。