住友生命からお金を借りるには

急にお金が必要になった場合の1つの選択肢として「契約者貸付」の利用があります。「契約者貸付」とは、積立型生命保険に加入をしている場合に利用することができ、解約返戻金の範囲内、概ね、70%~90%の割合でお金を借りることができます。お金借り方のメリットの1つに保険契約を続けたまま利用できることがあり、検討する価値のある方法となります。
住友生命でお金を借りる場合にも契約者貸付を利用することができます。住友生命でも契約者に対して、解約返戻金の一定範囲内であれば必要資金を用立てする制度を設けており、貸付可能額は契約によって異なるものの、所定の利息を支払うことで利用ができます。
住友生命からお金を借りる場合には、手続きとして2つの方法があり、まず、1つ目にインターネットの利用があります。インターネットの利用においてはスミセイダイレクトサービスへの登録が必要になり、登録をすることで出金から入金、取引照会、登録内容の変更、書類の請求など様々なサービスを利用することができるようになります。
2つ目にはインターネット以外の方法として、スミセイカンタッチアンサー、提携ATM、スミセイコールセンターの3つがあります。書類で手続きをする場合には、契約者貸付請求書(住友生命所定の用紙)、保険証券、本人を確認できる書類を準備する必要があり、印鑑に実印を使用する場合には印鑑証明書の提出が求められます。
お金を借りる場合には返済に関しても理解をしておくことが大切になりますが、住友生命ではインターネットバンキングによる方法、払込用紙による方法、提携ATMや窓口を利用する方法など、返済しやすい方法を選ぶことが可能となっています。